「自分をしり、新しい人間関係をつくる
    ACのためのコミニュケーション講座」   
             講師:吉井 ともこ   


前回の5回シリーズ
ありのままの自分を見つけるために  〜インナーチャイルドセラピーワーク〜
から3か月が経ちました

今回新たに参加してくださった方が3名
(9月6日に長原か講師をした、コミニュケーション能力UP講座に参加してくれた方も来てくれました)
そして、
前回シリーズからの講座から再会できた方たちが数名
元気でしたか?という挨拶で始まり、前講座受講からのご自身の変化を話し、分かち合い
和気あいあいと講座が始まりました

今回の講座参加者は、
ご自身がAC(アダルトチルドレン)だと気づいている方たちはもちろん
自分は、以前「アルコール依存症だった」と自己開示してくださった方もいました

ACにとっての「怒り」とは?
アダルトチルドレンが強い怒りを感じるのは当然です。という講師(吉井)の一声から講座が始まりました

・自分の「怒り」を知るために、最近感じた自分の怒りの経験と、その原因になる自分の考えや反応を分析していく
・新しいコミニュケーションを学ぶための、「I メッセージ、You メッセージ」
・アクティブリスニングで、相手の話をしっかり聴く
・思い込みと投影の関係
・自分のコミニュケーションの癖に気付く(TAチェック)

「癖」というのは、無意識のうちに繰り返しおこなってしまう根強いもの
自然なコミニュケーションを取るには、意識して、意識を変える行動をし続けること
「過去と相手は変えられない」ので自分が変わりましょう!



☆.。・**。。~~☆。。。 ☆.。・**。。~~☆。。。 ☆.。・**。。~~☆。。。 ☆.。・**。。~~☆。。。 ☆.。・**。。~~☆。。。



講座の感想

・自分と違う人の話を聴けて楽しかった
・100%大人になりきっていない部分、まだまだ子供じみているなぁと思う部分があり
 「AC」は自分自身のことかな?と気付くことがありました
・吉井さんの講座に参加でき再度話が聴けて良かったと思います
・初参加で、緊張感があったけれど、楽しかったです
・「怒り」のワークに参加してみたいです
・演劇などの表現を通じて心の病をもった人たちと、悩みを治療していけたら楽しいと思います
・この講座は、安全・安心な場所
 


*他の講座とは異なるACシリーズの講座の特徴は、
 参加者全員が、参加者の話を傾聴し、シェアーしあいます
 「自助グループ」の講座と言ってもいいぐらい参加者の皆さん同士が共に成長していける講座です


*次回は、2月にACシリーズの講座開催予定です
 ACと自覚していない方の参加も受け付けています