傾聴ボランティア養成講座 開催しました

4月17日
傾聴ボランティア養成講座が終了しました

この講座は、読売新聞と毎日新聞、鶴見区ローカル通信に掲載されたことで
奈良、神戸、三田、羽曳野市、などの遠方からの参加者が多かったです
大阪市内からの参加者方が少くなかったです

平均年齢は、60歳?
20代から70代の老若男女

職種も様々で
介護士・教師・福祉士・キャリアカウンセラー・カウンセラー・学生・ダンサーetc
すでにボランティアに参加していて、
施設の利用者さんとの関係を見直したいと言われて参加されている方や
定年退職されて、これからの自分を見直したいと言われている方もいました

高齢な方ほど、誰かのお役に立ちたいと思われている方が多くて
嬉しく思いました

みなさんが、
話し手・聴き手・観察者となり
いろんな場面を体験し
たくさんのロールプレイでさらに深く体感してもらいました

その中でもいろいろな気づきをされ、楽しんで参加していただいたことができ嬉しく思います

また、ボランティア登録をして帰られ方も2人いてくださり
充実した3時間を過ごすことができました



次回
傾聴ボランティア養成講座
9月から6回シリーズで開催予定です

ご期待ください!!

      感想

 * 大変勉強になりました。

 * たくさんの方が参加されていて、参加された方のお話を伺うことができて            
  とてもお勉強になりました

 * 豊かな時間を過ごすことができて感謝です

 * 相手の立場に立って話を聴くことが、実践でき良かったです。楽しい出会い、
  学びとても有意義でした

 * 人の話を聴くということの難しさ、大切さを改めて実感しました

 * 今まで話を聴くことは得意だと思っていましたが、相槌まででしかできなかったので
  とても勉強になりました

 * 新しい方々といろいろなことが話しでき、とても充実した時間を送れました。
  楽しかったです

 * 何となくわかったつもりのものが明確になりました。タイミング・話を聴くことが
  非常に大切であることに気づきました

 * 聴くことの難しさがすごくわかりました。聴いてもらうことの喜びも分かった気がします
  人とのふれあいも感じ、これをボランティアに活かすことができれば良いと思います

 * ロールプレイが大変楽しかったです   

         

などなど、書ききれないほど、たくさんの感想を頂きました

    参加していただきました皆様  ありがとうございました!!