2009年9月の講座開催

無事終了しました おかげさまで大盛況でした

2009年11月の開催講座  おもしろアートセラピー  11月21日(土)14:00〜

大阪市両国人権センター主催  参加人数:22人 男性3人 女性19人 (内50代以上6人)

風景構成法を使った、アートセラピーは、芸術療法のひとつです
こちらから指示する10個のアイテムを描いてもらい、後、書き足らないと思うものを描き足してもらい
一枚の田園風景を仕上げていくものです
言葉で表現しにくいことや、潜在意識の中に潜んでいるものが表にあらわやすいといわれています
深層心理に働きかけ、自己分析をすることもできます
参加者からの感想                                            
A子さん
絵からの、メッセージでは、「今が決断の時!」でした
新しいことをスタートする時期に迷いがありましたが決断できそうです。
今がチャンスの時と改めて革新できました。

その他、非常に楽しかったとお声を頂きました

ありがとうございました

2009年11月28日 ルワンダ共和国
   
      技術専門学校支援企画記念式典に参加


「NPO法人 kunこころの宮代表」で、記念式典の来賓で参加

1994年、民族紛争で多くの男性が亡くなり、女性の人口が全体の70%にまで至り ルワンダ政府も、女性の自立、教育なくしては国の発展はありえないと発表

当時の孤児の夢は「生きたい」「普通の暮らしがしたい」

普通に暮らしている、私たちには、考えもつかない光景です
「里親」制度(約20.000円)でひとりの子供が、学校に行け、就職することができます

豊かな日本で暮らす私たちには、考えさせられる一日でした


チャリティーコンサートが同時にありました

2009年12月4日 クールカフェ主宰の座談会参加

代表の、廣田好美さん
クールカフェ(乳がん健診口コミ・プロジェクト)

「お友達と、話そう!受けよう!乳がん検診」をテーマーに活動されています
座談会では、ファシリテーターを務めました

東京から、助成先(日本医療政策機構)の内田さん(男性)が参加されていたのと
映像記録を撮るということで、
カメラマンさん、イラストデザイナーさん、WEBデザイナーさん
参加者14名の座談会 kunから、スタッフの吉井が参加
私は今、乳がんで、治療をしていますという方2人
座談会参加者の中に20代の男性が、1人

座談会に参加した皆さん全員が いろんな想いを吐き出し、
共感、包容し、健やかな2時間を共に過ごしました
みんなが、勇気をもらいました


2010年2月13日・18日・20日 大阪市市民フォーラム09’ 
           『乳がんから女性を救うコミュニケーションパワー』


                 in,大阪市社会福祉協議会(都島区・福島区・東住吉区)

                        企画運営:クールカフェ、大阪市ボランティア情報センター
 kunこころの宮から ファシリテーターで参加協力
乳がん検診啓発活動の一環ですが、体験者の話を踏まえて
どんな形で早期発展されているのか?
たくさんのお話を聞かせて頂きました..。
また、一度も検診を受けたことが無いと言われる方もおられ
検診受診の必要と重要性をお話しすることができました

日を増すごとに参加者の数が増え、
施設側の意識の高さが反映し終始にこやかな
雰囲気で開催することができました

心を解放つ! 
  2010年4月24日(土) キャリアパートナーズ主催 コラボ企画

クレオ大阪北との共同事業
初めにクレオ北副館長からの挨拶のあと、講座を開催しました

『自分を知る』をテーマーに開催
エゴグラムで自分の癖に気づくことができました

また、『やればやるほど眠くなる呼吸法』では、ぐっすり寝入っている方も数名
自己表現では、空に羽ばたく「鳥」をイメージし、自由に表現することができ、参加者の皆さん同志の交流も深まり
講座を終えることができました

2010年 9月22日(水)  『てのうじ わくわく健康塾』 
                 in大阪市天王寺区保健福祉センター
 主催

第1回目 テーマー『こころの健康とストレス』

参加者は、40代〜80代の老若男女
集まって下さった皆さんの健康意識が高いのに驚き
ワーク形式で、参加者の皆さんからの声をたくさんを頂きました
『認知』をすることで、こころが楽になると言うお話と
『ストレスパターンチェック』で自分のストレスのパターン、癖を知ることで、ストレスと上手に付き合えると言うお話でした
保険福祉センター担当者から、参加者の皆さんが大変喜んでいましたと伝えて頂きました 講師に呼んで頂き。感謝!!

第2回目は、2011年1月26日(水)開催です

  開催 受託 講座  2009年 9月から 現在

2011年 1月26日(水)  『てのうじ わくわく健康塾』 
                 in大阪市天王寺区保健福祉センター 主催
第2回目 テーマー『こころの健康とストレス』


天王寺での講義は今回で2回目
前回に引き続き同じテーマーです
今回は、ストレスチェックをしたのち
それぞれのストレスの対処方法を確認しました

最高齢者は94歳のおかあさん
とても元気で、前向きで明るいお母さんでした

参加者の感想
・日ごろのストレス発散方法が分かり良かった
・人間関係も結局、自分探しに関係ありそうです
・何事も気持ちの持って行き方ひとつなのだと分かった
・自分の性格とストレスが明らかになったように感じた
・ストレスに対処するいろいろな方法も学ぶことができて非常に有意義な時間でした

など・・皆さんありがとうございました

クレオ大阪北フェスタ 企画
           キャリアパートナーズ 『講座バイキング』
2010年9月18日(土
パステルシャインアート体験会』開催

 毎年開催されるフェスタ
今年は、キャリアパートナーズの仲間と共同で『講座バイキング」を出店
ブースは、・アロマフレグランス・こころを癒すアロマハンドマッサージ魅力UPのラッキーメイク・パステルシャインアートメゾット体験・お話語り聞かせ・フリーマーケット


兄妹で参加してくれました

こころの歪みをなおして アンチエージング
  2010年9月25日(土) キャリアパートナーズ主催 コラボ企画


クレオ大阪北との共同事業
日常生活で顔を洗うように、簡単なワークを中心に
身体を動かし、心のゆとりを取り戻し、
こころと身体の若返りを目的にした講座

参加者の感想
・身体が軽くなった
・心が軽くなった
・・元気になれた
・考え方の癖を知ることで、すごく楽になれました など

 達人に学ぶ資格取得でわたしの夢をかなえる
『カウンセラーは私の天職』
        岸和田市立女性センター主催 2011年1月28日


22名の女性が参加して下さいました
初っ端に、『あなたは何歳まで生きる予定ですか?』という質問から始まりました

心理カウンセラーの資格取得までの道のりと現状と
『1人の友人の頑張ろう!応戦するよ』の掛け声で『kunこころの宮』が誕生した経緯をお話することができました
参加者の中に、心理カウンセラーの勉強を始めようと思っています
と言う方や、興味がわきましたと言ってくださった方がいて
すごく嬉しかったです

参加者の感想
・これからの人生について考え、時間を無駄にしないように生きて行きたいと思います
・自分の死ぬ時期を考えるという頭を殴られた様な話になんか、考えるスイッチが入りました
・講師の行動力は、うらやましいと思いました。見習いたいと思います
・自分をみつめ直すいい機会になりました  など、など、たくさんの反響をいたきました

2011年2月7日(月) 東住吉区保健福祉センター主催
アンチエージング講座
健康講座 『アートセラピー』を開催

【風景構成法】描くことで 自己理解が深まり
より良い生き方の方向づけができる講座 

参加者の感想
・アートセラピーを初めて体験し、自分がどんな立場になっているのか絵を通してわかった。
・現在の心の状態がわかりおもしろかったです。当たっていると思います。1年後にまたやってみたいです
・久しぶりに絵を描いて、子供の頃に戻ったみたいでした。家に帰って、だんなにしてみたいと思いました。
・アートセラピーは初めてだったので、新鮮で考えさせられることが多かったです。
絵を通していろんなことがわかり、とてもおもしろかったです。
・絵を描くことによって、こんなにも今の自分自身を知ることが出来るんだと思いました。
・とても興味深くおもしろかったです。
・アートセラピーは初めての体験でした。心の内面を垣間見ることが楽しくできました。
 など、皆さんありがとうございました


「傾聴ボランティア養成講座」 講師:長原・増田
    淀川区社会福祉協議会主催
         2011年2月26日3月5日12日
(全土)

募集人数20人の所、50人の応募があったようで、抽選で25名の方に絞り開催
もともと、ボランティア活動をされている方々もいて
講座参加にすごく意欲的な方々ばかりでした
今回の講座では、
・あいづち ・うなずき ・繰り返し の3点に焦点をあて学んでいただきました
ロールプレイ体験をたくさん行いました
IメッセージとYOUメッセージの違いや
最終日には、心理テスト「エゴグラム」で自分の優位性に気づき
普段のコミュニケーションを再確認することができました
感想
・3回の勉強は非常に自分のためにも役に立つと思いました
・自分では全く知らない自分が居ること年代もいろいろな方々と楽しく話しすることで
たくさんの気づきがありました
・今日から習ったことを次のステップに生かしていきたいと思います
・いろんなボランティアがあるが、傾聴ボランティアが一番難しいと感じた 
                                         などなど

  2011年度 講座受託はこちらから